Skip to content →

カテゴリー: MountainCamp

MFCアウトドア 山テント場紹介 登山レポ

赤城公園キャンプ場

赤城山を登った後は、群馬県にある県立赤城公園キャンプ場へ!
大沼の湖畔沿いにあって、とてもロケーションが良い無料のキャンプ場となっています。
キャンプIN・OUTもフリーで、利用するのに予約も申請もいりません。

ただ標高が1,000mの場所にありますので夜は冷えます。夏におすすめのキャンプ場ですね~

Comments closed

廻り目平キャンプ場

10月の三連休も台風が襲来…
しかし10/6(土)だけが大荒れの予報だったので、その日は移動日にして10/7~8でキャンプと山へ行ってきました。

場所は前から行ってみたかった、長野県は金峰山の麓にある日本のヨセミテ「廻り目平キャンプ場」へ。
森のサイトでロケーションは良かったのですが、人が多すぎた…

Comments closed

八ヶ岳 赤岳鉱泉テント場

2018年山の日は八ヶ岳へ!八ヶ岳の最高峰は赤岳 (2,899 m)です。これで百名山35座目。
今回は赤岳鉱泉をベースにして、2日目の早朝から南八ヶ岳を縦走(赤岳~横岳~硫黄岳)する予定で行ってきました。
なぜ赤岳鉱泉でテン泊したかと言うと、名物のステーキが食べたかったからです。笑
登山は木曽駒以来10か月ぶりという… 久しぶりの山でした。

Comments closed

木曽駒ヶ岳 頂上山荘テント場

今年の紅葉狩りは中央アルプスにある千畳敷カールへ行ってきました。
ロープウェイで一気に2,612mまで登れる千畳敷カール。木曽駒ヶ岳山頂の標高は2,956mですのでお手軽に登れる百名山となっています。

いつでも登れたのですが、紅葉の為に今まであたためておりました。百名山は34座目。
日帰りで余裕な山なのですが、ロープウェイの混雑を避ける為に頂上山荘のテン場で一泊してきました。

Comments closed

鳳凰山 鳳凰小屋テント場

山の日に山へ行けなかったので、山の日の週末は南アルプスの鳳凰三山を縦走して来ました。
地蔵岳、観音岳、薬師岳 3つの山を総称して、鳳凰山(鳳凰三山)と呼ばれています。
最高峰は観音岳で、標高は2,841m。百名山29座目です。

登りはドンドコ沢ルートで、青木鉱泉~鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道ルートで下山しました。
頑張れば日帰りでも行けるコースらしいですけど、今回はテン泊でゆっくりと鳳凰山を周回してきました~

Comments closed

立山 雷鳥沢キャンプ場

今年のシルバーウィーク後半のレポです。
GOOUTCAMP関西の後、一度各自で家に戻り、テン泊グッズをパッキングしてから再度大阪に集って出発。二度目の立山へ行ってきました。
去年は涸沢の紅葉を堪能したので、今年は雷鳥沢で紅葉キャンプをしてきました。

1日目は、雷鳥沢キャンプ – 剱御前 付近でガスガス撤退
2日目は、雄山 – 大汝山 – 富士ノ折立 – 真砂岳 – 別山 – 剱沢 を縦走してきました。
立山紅葉ハイクはやっぱり最高でしたよ~ ぜひ山の素晴らしい紅葉をご覧ください。

Comments closed

開聞岳 かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場

GW九州山旅の続きです。
霧島山韓国岳」、「霧島アートの森」の次は、天気のいい日を狙って、薩摩半島の南端に位置する「開聞岳」へ。
この山は、標高924mと低山なのに日本百名山なんです。山麓の北東半分は陸地に、南西半分は海に面していて、富士山のように綺麗な円錐形の形をしている為、別名「薩摩富士」とも呼ばれています。百名山19座目!

まずは、かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場へ向かいました。

Comments closed

霧島山 韓国岳 えびの高原キャンプ村

今年のGWは、屋久島へ行く予定で鹿児島までの飛行機チケットを取っていたのですが、少し日程的に厳しかったので、屋久島は諦めて九州の山旅へ変更しました(笑)
まずは、霧島山の最高峰である韓国岳(1,700m)へ!百名山18座目です。

Comments closed

穂高岳 国設涸沢野営場

涸沢カールの紅葉が見たくて、4人で涸沢野営場でキャンプをしてきました。
紅葉はちょうど見ごろでめっちゃ綺麗でした!
ついでに登れたらいいな~と思っていた奥穂高岳(標高3,190m)は、大阪に帰る時間を考慮すると難しかったので途中で撤退…
百名山17座目は達成ならずでした。
涸沢では携帯が圏外だったので、同日に御嶽山が噴火して大変な騒動になっているコトなど知らず…
沢山のメールや電話をくれてた友達には心配をかけてすいませんでした。

今回の噴火で色々考えさせられました。
犠牲になられた方へ心からのご冥福を。怪我をされた方の一日も早いご回復を願っております。

Comments closed