Skip to content →

生口島


因島 の翌日は、生口島(いくちじま)へ渡りました。
生口島は「島ごと美術館」と言われており、現代アートの作品(全部で17作品)が屋外に展示されているとの事!
1989年から開催された世界一小さなアートプロジェクト「瀬戸田ビエンナーレ」によって設置されたそうです。

ってことで全部まわって見てきました。しまなみ海道 島旅「生口島編」です。

生口島 2018/9/16

生口島アートマップは広島県尾道市のホームページから ダウンロード できます。

このマップを見ながら島を一周してきました。朝の7時からスタート!

まず生口島北ICを降りてすぐあった、1つ目のアート「地殻 / 岡本敦生」です。

2つ目は「地上と地下の間で / 崔 在銀」
ぱっと見て、どこにアートがあるか分からないw

これです。電話ボックスかと思いました(笑)

お次は黄色い橋を渡って高根島へ。

高根島に上陸です! ウミホタルの島なんだとか。

3つ目「球を包む幕舎 / 保田春彦」。高根大橋とのコラボです。
高根島の滞在時間は10分でしたw 再度、生口島へ戻りますよ~

生口島の海沿いにあったこちら。アートと思いきや違いました。
海を眺めているお地蔵さんです。でもこれこそ日本のアートですよねw

しばらく進んで、4つ目は「波の翼 / 新宮 普」

下まで降りることができましたよ。

5つ目は「うつろひ / 宮脇愛子」

うつろひ から少し歩くと、6つ目「ねそべり石 / 山口牧生」がありました。
ねそべり石。そのまんまですねw

お次はキャンプ場にもなっている「瀬戸田サンセットビーチ」へ!
ここには、3つのアートがありました。まず7つ目「空へ / 眞板雅文」です。

キャンプ場の紹介は こちらから

8つ目「凪のとき 赤いかたち/傾 / 植松奎二」

9つ目「千里眼”のぞいてみよう、瀬戸田から世界が見える。” / 松永 真」

のぞいてみましたが、世界は見えませんでした…

次は「レモン谷」と呼ばれるレモン畑へ。レモンがまだ緑色だったのが残念です。
生口島は国産レモン発祥地と言われており、現在でもレモンの生産量が日本一なんだそう。
最近はレモン以外のかんきつ系も作っているそうです。

レモン谷からはこの景色! ザ・多々羅大橋です。

移動して次のアートを探します。も・もしかして、これ?
おっちゃんがアートの上で釣りをしていました(笑)

10個目「空/海 / 海老塚耕一」。
おっちゃんはコレがアートだと知ってるのだろうか?

しばらく進むと、岡の上に沢山の犬が… めっちゃ吠えていました。飼い犬なのか?

次のアートは探すのに苦労しました。
シトラスパーク瀬戸田へ向かう途中で通行止めになっていたので、道が全くわからない。

徒歩でなんとか たどり着きました。
アートは「シトラスパーク瀬戸田」内にあるそうですが、なんと施設が潰れていましたよ!

施設内には入れないので諦めようかと思ったら、シトラスパーク瀬戸田の駐車場にありました!
一番探すのに苦労したアート。11個目「CATS DANCE / 滑川公一」です。

しばらく進んで、次はこちら

12個目「ベルベデールせとだ / 川上喜三郎」。
これはアートっぽい!三重丸です。こういうの好きですね~

いい感じで写真を撮ってると、しらぬ間に海の潮が満ちていました。
海に入らないと、砂浜に戻れないw 気をつけましょう。

そして次が最後? 13個目「潮池 / 青木野枝」です。

裏側に潮池の小さいバージョンも隠れていました。
ここまで生口島をほぼ一周して、これが最後と思いきやアート作品数が合わない… 確か17個だよな?
マップをじっくり見返すと、別で拡大されていたマップを見逃していましたw

って事で、もう一周 生口島をまわります。笑
朝に通った時は、まだ閉まっていた「ジェラート専門店ドルチェ」。オープンしていたので寄ってみました。
瀬戸田のレモンと瀬戸田のデコみかんをご購入。うまい。

朝は素通りしていた。尾道市瀬戸田市民会館前です。

こちらにありました!14個目「海からの贈物 / 山本正道」

そして瀬戸田市民会館の庭に15個目「風の中で(瀬戸田)/ 西野康造」

もう一つ16個目「一羽の鳥の為に / 田中信太郎」がありましたよ。

そして今度こそ最後!ラストの作品はこちら瀬戸田小学校の中にあるらしいです。

日曜で学校は閉まっていて中には入れないので、ガラス窓から覗いてみました。

カメラズーム。あったー! 中庭にある石みたいな作品が、17個目「飛石 / 福岡道雄」です。

やっとこさ17作品コンプリート! お疲れ様でしたw

そして瀬戸田町観光案内所前にあるレモンなどのオブジェ。これが一番人気があったような…
生口島の17作品を見てまわりましたが、アート作品の写真は誰も撮ってなかったのに、皆さんこのオブジェとばっかり一緒に写真を撮っていましたよw

17作品を探すのに半日以上費やして、かなりお腹がすいたので近くにあった行列店「ちどり」さんへ

こちらは「タコ料理」と「瀬戸田レモン鍋」が有名なんだとか。芸能人御用達の店らしい。

こちらは一人用のレモン鍋です。レモンの出汁が美味しかった!

そしてこちらが、ちどり御膳です。
蛸飯に生蛸の刺身、蛸の唐揚げ、蛸の塩辛、蛸わさなどのタコ料理御膳。
ただ店が混みすぎていて、料理が出てくるのがめっちゃ遅かった!なおかつ蛸の唐揚げが冷たかったです… なんだか残念。

あと写真と撮ってないですが、ここのレモンが丸ごと1個入ったレモンソーダが有名ですよ。

次は、ちどりの前にあった「耕三寺」へ。
入場料は大人1,400円、大学生1,000円、高校生800円、中・小学生以下無料です。

すごいですね~

彫り物がめっちゃ細かいです。

なんだか沖縄の首里城みたいでした。

結構歩いたんで、しばらく休憩です。

見落としがちですが、耕三寺には洞窟もあります。

洞窟内部は涼しいので、暑い日にはおすすめ。
っていうか凄い洞窟なので絶対にここは通った方がいいですw 作るの大変だったろうな…

洞窟を抜けて進んでいくと「未来心の丘」があります。料金は耕三寺の入場料に含まれていますよ~

こちらも凄い凝った石彫刻です!

未来心の丘は、イタリア産の大理石でできた彫刻庭園となっています。

大理石の窓に

大理石の椅子。

そして一番人気のスポットがこちら。

みんな並んで写真を撮ってたので逆側からの撮影。空いていましたよ(笑)

未来心の丘。見渡す限りの真っ白な世界は、まるで海外に来たみたいでした。よかったですね。

生口島アートの旅 これにておしまい。

次の島は、隣の大三島へ! 続く

 

Amazon
瀬戸の島旅 しまなみ海道+17島めぐり
  • エスピーシー出版, ROOTS BOOKS and 西日本出版社
  • 価格   ¥ 998
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

人気ランキング

  1. 【関西】近畿地方の無料格安キャンプ場まとめ... 187,535 views
  2. 【東海】中部地方の無料格安キャンプ場まとめ... 100,464 views
  3. ウルトラライトテントのおすすめ... 54,569 views
  4. ほったらかしキャンプ場 42,018 views
  5. 仁淀川 夢の森公園キャンプ場... 40,553 views
  6. 大野山アルプスランド 34,408 views
  7. 大津谷公園キャンプ場 2016 33,794 views
  8. 仁淀川 中津渓谷 安居渓谷 にこ淵... 32,630 views
  9. MSR Pavilion Japan Limited 24,275 views


Published in Art IslandTrip