Skip to content →

LOCUS GEAR Khufu Full Mesh Custom


山でのテン泊でしか活用していなかった幕「ローカスギア クフ イーベントⅡ(LOCUS GEAR Khufu eVentII)」ですが、普通のキャンプでも使いたくなるように、新たにローカスギアのインナーテント(Full Mesh)を購入しました。

通常のKhufu Full Meshではなく、カスタム注文してみましたよ~

LOCUS GEAR Khufu Full Mesh Custom 試し張り。

114以前、無人島キャンプで張ったローカスギアのクフに、シートゥーサミット(SEA TO SUMMIT)のモスキートネット(蚊帳)を装着してみましたが、あれからモスキートネットは一度も使わず…

ローカスギアのクフも山以外では全く使ってなかったので、普通のキャンプでも活用してみようと、ローカスギアの純正インナーメッシュシェルター(Khufu Full Mesh)をカスタム注文してみました。

上からトレッキングポールのCP3(シーピー3)、テントのクフ、メッシュシェルター、DPTE (Dual Pole Tip Extender) / デュアル・ポール・ティップ・エクステンダーです。

まずは、テントであるクフを広げて、四隅をペグダウン。

2本のCP3(トレッキングポール)をDPTE(A型フレームで設営するためのオプション・パーツ)につなげて、テントを立ち上げます。
DPTEを使用することにより、センターポールの煩わしさから開放され、広い空間を使えるようになります。設営に関しては若干の手間がかかりますがw

あっという間に設営完了。

標高の高い山では虫がいないので、このままでいいのですが。
下界でする普通のキャンプじゃ虫に噛まれまくります。

そこで、今回購入したクフ フルメッシュ(Khufu Full Mesh)。
バスタブフロア付きなので雨の日でも安心です。

四隅のペグに引っ掛けて、フルメッシュの頂点をクフに引っ掛け完成です。

インナーテントは、ファスナーの部分をカスタマイズしました。逆T型ファスナーです。
通常のKhufu Full Meshは23,800円ですが、カスタム価格で27,420円だったかな?
少しお高くなります。

逆T型ファスナーだと入口のメッシュを全面開放できるので、かなり快適だと思います。

これで普通のキャンプでも活用できるはず!

今回は試し張りだけでしたが、ソロキャンプの時はこのコンビを利用したいと思います。

キャンプもあんまり行かなくなったけどね…

じゃあ買うなよ!(笑)

 

 

Amazon
(ニーモ) NEMO スパイク 1P NM-SPK-1P
  • NEMO(ニーモ)
  • 価格   ¥ 29,160
  • 販売者 エンペルジャパン
クリックして今すぐチェック
ZEROGRAM ZERO1 MF
  • ZEROGRAM
  • 価格   ¥ 35,640
  • 販売者 ZEROGRAM公式 【10,000円以上送料無料】
クリックして今すぐチェック

人気ランキング

  1. 【関西】近畿地方の無料格安キャンプ場まとめ... 181,385ビュー
  2. 【東海】中部地方の無料格安キャンプ場まとめ... 96,641ビュー
  3. ウルトラライトテントのおすすめ... 54,063ビュー
  4. ほったらかしキャンプ場 41,747ビュー
  5. 仁淀川 夢の森公園キャンプ場... 39,947ビュー
  6. 大野山アルプスランド 34,312ビュー
  7. 大津谷公園キャンプ場 2016 33,340ビュー
  8. 仁淀川 中津渓谷 安居渓谷 にこ淵... 32,286ビュー
  9. MSR Pavilion Japan Limited 24,078ビュー


Published in Gear