Skip to content →

乗鞍高原 一の瀬キャンプ場


焼岳を下山した後は、日本一不便なキャンプ場?と呼ばれている「一の瀬キャンプ場」にてバックパックキャンプをしてきました。
なぜ不便なキャンプ場なのかというと、駐車場から約1.5km歩かないとたどり着かないキャンプ場だからとか。
それならもっと大変なキャンプ場があると思うけど…
たとえば友ヶ島とか(笑)

ちなみに一ノ瀬キャンプ場は、営業期間が7月上旬から8月下旬までの短期間営業となってますのでご注意を!

2016/7/17 乗鞍高原 一の瀬キャンプ場
DSC03911_1

キャンプ場に一番近い無料駐車場「座望庵駐車場」に車を停めて、ここから歩道(木の道)を1.5km歩きます。
駐車場に一の瀬キャンプ場入口の看板があるのでわかりやすいと思います。

DSC03924_1

駐車場からゆっくり歩くこと20分。
乗鞍高原にある一ノ瀬キャンプ場に着きました。

DSC03930_1

管理棟で受付をして、設営を開始します。
サイトは砂石・芝生・ウッドデッキと3種類あるみたいです。
今回は芝生のフリーサイトを利用して、料金は1,540円。管理費として一人410円でした。

DSC03945_1

設営完了。 ローカスギアのクフ イーベントです。

DSC03935_1

次にノルディスクのテレマーク2も設営完了。

DSC03936_1

白樺の木がいい感じですね~。

DSC03928_1

喉が渇いたので、ちょっとしたアテとビールで乾杯!
テーブルはやっと手に入ったソラチタニウムギアのスーパーテーブル#1です。

DSC03942_1

すごい大量の荷物でキャンプをしている人がいましたが、こちらのキャンプ場を利用するなら、やっぱりライトウェイトのテントなどで荷物はコンパクトにした方がいいと思います。

DSC03951_1

さて飯タイムです。
バーナーは98gのFire-Maple FMS-117T ブレードチタンストーブを持ってきました。
これ軽くて使いやすいので本当におすすめですよ。お値段もなんと5,000円以下で購入できます。

DSC03956_1

まずメスティンの蓋で茄子を焼いて~
取っ手はVARGO(バーゴ) チタニウム ポットリフターです。
高いけど軽くて使いやすいので、こちらもおすすめ。

DSC03970_1

ミートソースを作って~

DSC03975_1

焼き茄子の上にミートソースとクリームチーズをのせて完成。
酒のアテに最高!うまかった~

DSC03965_1

近くにあった椅子をテーブルとして使わせてもらってます(笑)

DSC03983_1

続いて、バッタイ(タイ風焼きそば) 海老がなかったので見た目は悪いですけど…

DSC03986_1

近くに炊事棟がありましたが、ここだけ蛇口をまわす取っ手がなく水がでませんでした…
ちなみに、炊事棟から出る水は飲めないらしいです。

DSC03991_1

食べた後の片付けをしてから

DSC03957_1

ちょっと曇ってきたので温泉へ。

DSC03895_1

乗鞍高原に湯けむり館という温泉が近くにありますが、今回は少し車を走らせて白骨温泉へ行ってみました。
ここは笹屋 小梨の湯という露天風呂です。
30分交代制の貸し切り露天風呂でした。お値段もなんと600円で安い!

DSC03820_1

白濁の硫黄泉は源泉掛け流しの天然温泉です。
古来より「三日入れば三年風邪をひかない」と言い伝えられる効能高き名湯らしいです。
美肌効果もあるんだとか。とてもいいお湯でございました。

DSC03980_1

キャンプ場へ戻ってきました。
本日の芝生フリーサイトの入りはこんな感じ。

DSC03996_1

暗くなったので満天の星空でも撮影しようかと思ったら雲が~

DSC04006_1

完全に曇ってしまったので、テントを撮影…

DSC04007_1

テントと星空を撮れなかったのが残念です。

DSC04015_1

みなさん早めに就寝されてましたよ。

DSC04021_1

おはようございます。翌日は朝から雨でした…
ここでキャンプ場のご紹介でも。
まずキャンプ場内には炊事棟が3か所、綺麗なトイレが1か所あります。

DSC04020_1

こちらがウッドデッキサイトです。

DSC04023_1

こちらが、常設テントサイト です。コールマンのテントとシェルターが設置されてました。
結構借りている人が多かった印象です。
手ぶらでキャンプできるのも良いところですね。

DSC04026_1

こちらが管理棟。
入口にジュースと酒の自販機がありました。ビールの価格は良心的でしたよ。
あとゴミが捨てれるので助かりますね~
管理棟ではキャンプ道具のレンタルもできます。種類は豊富にありました。

DSC04028_1

朝から全く雨が止まないので困っていましたが、誰も使っていなかった水の出ない炊事棟をお借りして

DSC04030_1

朝食を作らさせてもらいました。

DSC04051_1

メスティンで白飯を炊いて~

DSC04046_1

おかずは、昨日の残り物ミートソースを使ってオムレツ~。
食べ終わったらOUTの時間が近づいていたので、キャンプ道具をすべて炊事棟に運んで荷物をパッキングさせてもらいました。
タープがなかったので、本当に助かりましたよ。

DSC04057_1

11時になったのでキャンプ場を出たらすぐに雨が止みました。ラッキーです。

DSC04062_1

行きは気がつかなかったけど、ヤギが放牧されていました。

DSC04065_1

幸せそうなヤギの群れ。

日本一不便なキャンプ場との事でしたが、結構いいキャンプ場でしたよ~ おすすめです。

山タビの最後は乗鞍岳へ 続く。


一の瀬キャンプ場

サイト料金:
フリーサイト 砂石 20区画 1,030円
フリーサイト 芝生 15区画 1,540円
ウッドデッキサイト ウッドデッキ 10区画 2,060円
常設テントサイト ドームテント 36区画 3,090円
管理費 一人410円

開設期間: 7月上旬~8月下旬

チェックイン/アウト チェックイン:13:00~17:00 / チェックアウト:11:00



人気ランキング

  1. 【関西】近畿地方の無料格安キャンプ場まとめ... 187,318 views
  2. 【東海】中部地方の無料格安キャンプ場まとめ... 100,292 views
  3. ウルトラライトテントのおすすめ... 54,547 views
  4. ほったらかしキャンプ場 42,009 views
  5. 仁淀川 夢の森公園キャンプ場... 40,530 views
  6. 大野山アルプスランド 34,400 views
  7. 大津谷公園キャンプ場 2016 33,783 views
  8. 仁淀川 中津渓谷 安居渓谷 にこ淵... 32,621 views
  9. MSR Pavilion Japan Limited 24,258 views


Published in CampSite Camp