Skip to content →

冬キャンプのすすめ 必要な道具まとめ


「冬にキャンプ?」バカじゃねーの「キャンプといえば夏だ!」って思っている人が多いですが、夏は暑すぎて川がないとキャンプなんて出来ません(笑)
しかもキャンプ場が一番混雑するのが夏なんですよね。人気のあるキャンプ場は予約するのも大変です。

ベストなキャンプシーズンは春か秋だと思いますが、冬のキャンプは、キャンプ場が一番空いていて運がよければ貸し切りの場合もあり、とても静かです。人だけじゃなく虫もほとんどいません(笑)
空気の澄んでいる冬の星空を眺めながら、まったりと焚火をして過ごす時間はもうたまりませんよ。

キャンプの醍醐味を味わいたい方には、冬キャンプをおすすめします!
しかし、冬キャンプをするにはそれなりの装備が必要となりますので、今回は冬のキャンプ道具も合わせて少しご紹介したいと思います。

冬のキャンプ場はやっぱり空いています。人気のある予約が困難なキャンプ場でも、冬は行く前に連絡を入れておけば大丈夫でしょう。ただ、冬は閉鎖されているキャンプ場もありますのでご注意を。

高規格のキャンプ場は、炊事場でお湯が出たり、トイレの便座が温かったり、キャンプ場内に温水シャワーや温泉があったりするところもあります。サイト料金は少しお高めですが、冬には最高のキャンプ場ですね。

冬は、夜になるとテントやシェルターも真っ白になって凍ってしまうほどなので、やっぱり寒いです(笑)
これから紹介する道具を持っていれば、寒くても快適に冬キャンプを過ごすことができますのでご参考に。

 

シェルター

まずはシェルター型のテントです。これがあれば、冬の冷たい風を防御する事ができます。

スノーピークのリビングシェル、リビングシェルロング Pro.、ソル Pro. などは、日本が誇る素晴らしいシェルターです。

Amazon
スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル [4人用]
  • スノーピーク(snow peak)
  • 価格   ¥ 109,780
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

スノーピークのトルテュ ライト、タシーク、ランドロック、トルテュ Pro. などは、テントとリビング一体型のツールームテントです。

Amazon
スノーピーク(snow peak) テント ランドロック [6人用] TP-671R
  • スノーピーク(snow peak)
  • 価格   ¥ 174,900
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

ノルディスク レイサー こちらもテントとリビング一体型のツールームテントです。

Amazon

ヒルバーグ アトラスはかわいいシェルターです。

201410201451403ef

ワンポールシェルターのコットンタイプは、火にも強いのでシェルター内で焚火台を使えます。冬用におすすめです。

ノルディスク アルヘイム

Amazon
NORDISK(ノルディスク) テント アルヘイム12.6 [6人用] 142013
  • NORDISK(ノルディスク)
  • 価格   ¥ 106,051 ¥ 107,800
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
NORDISK(ノルディスク) テント アルヘイム19.6 [8~10人用] 142014
  • NORDISK(ノルディスク)
  • 価格   ¥ 102,820 ¥ 129,800
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

ノルディスク アスガルド

Amazon
NORDISK(ノルディスク) テント アスガルド19.6 [8~10人用] 142024
  • NORDISK(ノルディスク)
  • 価格   ¥ 151,800
  • 販売者 WEST WEB STORE
クリックして今すぐチェック

テンティピ ジルコン

 

 

ストーブ

DSC06019k

冬にストーブは必須です。
シェルター内に、石油ストーブや薪ストーブなどを入れて過ごすと、もうヌクヌクで快適に過ごせますよ~

石油ストーブ : 灯油を入れるだけで楽々点火!

アラジン ブルーフレームヒーター

Amazon
アラジン ブルーフレームヒーター グリーン BF3911-G
  • Aladdin (アラジン)
  • 価格   ¥ 38,536
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

トヨトミ レインボーストーブ

スノーピークとのコラボモデルもあります。

アルパカ 石油ストーブ

武井バーナー パープルストーブ 501A

武井バーナー パープルストーブ 301A

こちらはセンゴクアラジンのお手軽なガスボンベストーブです。

Amazon
センゴク・アラジン ガスストーブ レッド SAGBF01-R
  • Aladdin (アラジン)
  • 価格   ¥ 29,925
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

fullsizerender

薪ストーブ : 手軽に持ち運べるポータブル薪ストーブがあります。
薪を燃やして暖をとったり、鉄鍋を使ってストーブの上で調理できたりと便利ですよ。

ペトロマックス ロキ
アネヴェイのフロンティアストーブと同じストーブがペトロマックスから発売されました。

Amazon
PETROMAX(ペトロマックス) キャンピングストーブ Loki ロキ 【日本正規品】 12761
  • ペトロマックス(PETROMAX)
  • 価格   ¥ 38,610 ¥ 42,900
  • 販売者 SPGスポーツパレットゴトウ
クリックして今すぐチェック

G-Stove Heat View
ステンレス製なのでサビに強い薪ストーブ。オプションもたくさんあり、かっこいい薪ストーブです。

XLサイズも発売されましたね。

笑’s フォールディング薪ストーブ
こちらはコンパクトに折りたためますし、大きめの耐熱ガラスが付いていて燃える炎を眺めれることが出来るのでおすすめ!

リーズナブルなDODの薪ストーブ!メラテレビ 16型 大きな耐熱ガラスが付いています。

あと、Orlandの「Orland Tent Stove」や新保製作所の「ロマンチカル薪ストーブ」、ホリデーロードの「FBストーブ」は、耐熱ガラスがめっちゃ大きいので、今自分の中で一番欲しいです(笑)
やっぱり薪が燃えるのをずっと眺めていたいですからね~

これら薪ストーブとコットン幕にフロンティアストーブのフラッシングキットを付けて、煙突を出すのが流行っています。

ただし、一歩間違えば危険が伴います。

20141020145216077

シェルター内で、石油ストーブや薪ストーブ、焚火台を利用する場合は、一酸化炭素中毒にならないよう定期的に換気をしてください。

基本的に、テント内では火気厳禁ですのでご注意を(笑) 利用するなら自己責任ですよ~
ワンポールのシェルターは、真上に換気ができるベンチレーションが付いているタイプが多いので便利ですね。

心配な方は、一酸化炭素チェッカーなんかもありますよ。

 

 

焚火台

24

冬に焚き火をしないと何をするの?ってくらい重要です(笑)
焚火台については、まとめ記事がありますので、こちらをご覧ください。

薪割り用の手斧

Amazon
ハスクバーナ 手斧 38cm 576926401
  • ハスクバーナ・ゼノア
  • 価格   ¥ 8,500
  • 販売者 ニッチ・エクスプレス
クリックして今すぐチェック

 

 

寝袋 シェラフ

DSC03151_1

寝袋は、しっかりと冬に対応したものを選びましょう。

封筒型ではなく、マミー型の方が体に対する密着度が高いのでいいです。あと、化学繊維ではなく、保温性の高いダウンを選んでください。
寝袋に快適使用温度や限界使用温度、コンフォートやリミット、ダウンの場合はフィルパワー(FP)などが表記されているので、メーカーの表示を参考にしてください。

冬でも快適すぎるシェラフはここらへんです。

ナンガ  UDD BAG 630DX

Amazon
NANGA ナンガ UDD BAG(ウルトラドライダウンバッグ) 630DX レギュラー RED
  • Nanga(ナンガ)
  • 価格   ¥ 55,000
  • 販売者 アウトドアーズビータックル Since1987
クリックして今すぐチェック

ナンガ UDD BAG 810DX

モンベル UL.スパイラル アルパイン ダウンハガー 800

すでに持っている寝袋で、寒さが心配な場合は、ダウンジャケットやダウンパンツ、ダウンスリッパなどを履いて寝るといいと思います。

また湯たんぽを使って寒さをしのぐこともできます。ナルゲンボトルなどに熱湯を入れると湯たんぽ代わりになりますよ~
でも、カバーはきちんとして火傷には注意して下さいね。

ナルゲンボトル 広口1L

 

 

マット

冬キャンプでは、地面からの冷気を遮断する事が重要になります。
寝るまでは大丈夫だったとしても、徐々に冷気が伝わってくると、寒くて目が覚めてしまいます。
サーマレストでは、R値が高いほど断熱性能が高くなります。

サーマレスト Zライト

サーマレスト リッジレスト ソーラー

冬は直接冷気が伝わらないように、コットを使用してもいいかもしれません。

ヘリノックス キャンプベッド ライトコット

安物もあります。

 

 

バーナー

773587_419314581479181_1390904664_o_1

冬は気温が低いのでガスボンベを使ったコンロやバーナーの火力がかなり弱くなります。
ガスよりガソリンバーナーを使ったほうがいいでしょう。焚火台を使ったらすべて調理できるんですけどね(笑)

MSR  ドラゴンフライ

以上、持っていれば冬のキャンプを快適に過ごすことができる道具の紹介でした。

興味があれば、シェルター・ストーブ・焚火台・シェラフなど装備を揃えて、是非「冬キャンプ」を体験してみてくださいね。

MFC Outdoor YouTube よろしければチャンネル登録をお願いします。

 


人気ランキング

  1. 【関西】近畿地方の無料格安キャンプ場まとめ... 187,534 views
  2. 【東海】中部地方の無料格安キャンプ場まとめ... 100,464 views
  3. ウルトラライトテントのおすすめ... 54,569 views
  4. ほったらかしキャンプ場 42,018 views
  5. 仁淀川 夢の森公園キャンプ場... 40,553 views
  6. 大野山アルプスランド 34,408 views
  7. 大津谷公園キャンプ場 2016 33,794 views
  8. 仁淀川 中津渓谷 安居渓谷 にこ淵... 32,630 views
  9. MSR Pavilion Japan Limited 24,275 views


Published in Recommend